ギャラリー啓のホームページへ!

日本人は古代から、籐・大麻・苧麻(チョマ)・しな・コウゾなどの草木の繊維から糸を作り、布を織って、身にまとったり生活用具として使ってきました。
それらは、テキスタイルアートとして現代人にも感動を与えるものです。


ギャラリー啓では、これら通称「自然布」と呼ばれている古布を中心に、同じ様な視点から、骨董・古美術の範疇に留まらず、人間の生活の中から生まれ、時代を経て尚かつ美しさと新しさを感じさせる古民具や焼きもの等を扱っております。



営業時間
11:30〜18:00
但し土曜日、日曜日は17:00に閉店することがあります
基本的に無休ですが臨時休業もありますので事前に確認していただくとありがたいです。






過去の展示会
 
展示風景は Exhibition
ページでご覧になれます。

Japanese Old Textiles
and
Folk art






Past Exhibition

Please click here

You can view many past exhibitions.


     




Welcome to Gallery KEI !

From ancient times, Japanese people have made threads and materials out of various trees and grasses, such as Wisteria, Elm, Linden, Kudzu, Paper Mulberry, Banana tree, Hemp and Ramie and wove textiles to cloth themselves and made daily tools. They are simple and yet greatly impress us today with their beauty and freshness.

Gallery Kei deals in these old folk crafts and pottery, far beyond the usual range of antiques, as well as antique bast-fiber textiles, usually called primitive textiles.
About Bast- Fibers click here

 

 

 

 
















熊野染め Kumano-some










 楮や梶は紙の材料としてよく知られているが
中国から紙の製法が伝わる以前  四国地方で梶、楮から繊維を取って糸にして布を織っていた太布(たふ)の事はあまり知られていない。オヒョウや藤布と同じように人々の着るものや袋などにして日常に溶け込んでいた。

現在は徳島の木頭村で保存伝承が行われている。
中国から韓国を通って7世紀頃にの製造が伝わり 次第に紙漉が盛んになると、様々な用途に紙は使われていった。厚手の紙に柿渋と油を塗った物は防水に優れ、番傘や紙衣(かみこ)と言われる道中着などに使われた。

大福帳等の使用済みの紙も捨てる事はせずに、細く切って糸にし、織物の、主に横糸に使われた。これを紙布(しふ)
と言う。軽い、暖かい、何より捨てないで再利用するのが当たり前の時代の産物であろう。







ギャラリー啓 企画展
太布、紙、紙布
.21Sat―25Wed
11am-6pm






"An Exhibition of Mulberry Paper and Cloth"

- Tafu Kami Shifu made from Paprer Mulberry-

21-25 May 2016










A special variety of the mulberry tree referred to as paper mulberry yields a fiber that is well known for its use in papermaking in Japan.
However, long before the technique of papermaking was brought from China,
paper mulberry fibers were used to make thread  for weaving cloth in Shikoku
area.This cloth, called  tafu., was used for both garments and utilitarian sacks by common people. The tradition of paper mulberry cloth is continued by people in Kitoson,Tokushima Prefecture.

Papermaking  from paper mulberry became popular and was used in various ways in Japanese daily life. Thick paper infused with persimmon tannin and oil,called Kamiko, was used for making both umbrellas and traveling coats,called kamiko, because of its excellent waterproof properties.
 

Paper production required extensive labor, and people were careful to recycle used paper as much as possible. They cut paper that had been used into long narrow tape-like strips in order to create long thread.








 新潟県の山間部で織られて、庄内地方で売られていた仕事着は、たて糸は
藤の糸であるが、

横糸に 、使用済みの紙を糸にして藤糸に巻いた糸を使用している。
おおつづれ
と言う。

紙を巻く事により、藤だけで織った感触よりも暖かく、柔らかさを求めた
結果であろう。
 

太布 tafu (Mulberry cloth)



This thread was woven as weft into beautiful cloth called shifu, with silk or cotton used for the warp. Though turning used paper into weaving yarn was hard work, it provided both softness and warmth to the cloth, and a practice encouraged by traditional attitudes towards conservation and avoiding waste.


Of note, until the early 20th century,  there were very unusual types of cloth and work garments made from paper in what are now modern Niigata and  Yamagata prefectures.  One example consisted of wisteria thread used for the warp and wisteria thread wrapped with recycled paper for the weft thread.   We call it  otszure and it is a warmer and softer textile than cloth which contains no paper.







紙衣(かみこ)kamiko





”太布、紙,紙布展”情報
Information for the next exhibition





おおつづれ otsuzure






太布 tafu (Mulberry cloth)







紙布 Shifu
縦糸:木綿 横糸:紙 Warp: cotton  Weft:paper















汗はじき asehajiki   under garment


 

展覧会のお知らせ No1


古民藝もりた
‐Aesthetic Eyes of Morita Tadashi-


2016年4月16日―5月29日

郡山市立美術館
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
koriyama City Museum of Art









「骨董商」森田直は、1970(昭和45)年、南青山に「古民藝もりた」を開店、今日に至る。
民藝の影響を受けながらも、より広く軽やかに物を見つめ、その魅力を発見し、選び出す眼は、
森田ならではのものといえよう。
眼がよろこぶ、気持が弾む、ちょっと古くて不思議なモノたち。古今東西、誰にも知られないでいる
価値を見いだすモノへの愛情。
時代を先取りしてきた森田のセンスが、静かに密かにずっと、多くの人生と暮らしに及ぼしてきた
影響は、実は計り知れない。
森田の眼が今改めて注目されている。





 




展覧会のお知らせ No2

諸紙布(もろじふ)
軽野裕子個展

日時:2016年(平成28年)5月27日(金)〜30日(月)、午前11時〜午後4時30分
場所:奈良市内、志賀直哉旧居
サイト:www.naragakuen.jp/sgnoy/