ギャラリー啓のホームページへ!

日本人は古代から、籐・大麻・苧麻(チョマ)・しな・コウゾなどの草木の繊維から糸を作り、布を織って、身にまとったり生活用具として使ってきました。
それらは、テキスタイルアートとして現代人にも感動を与えるものです。


ギャラリー啓では、これら通称「自然布」と呼ばれている古布を中心に、同じ様な視点から、骨董・古美術の範疇に留まらず、人間の生活の中から生まれ、時代を経て尚かつ美しさと新しさを感じさせる古民具や焼きもの等を扱っております。



営業時間
11:30〜18:00
但し土曜日、日曜日は17:00に閉店することがあります
基本的に無休ですが臨時休業もありますので事前に確認していただくとありがたいです。





過去の展示会
 
展示風景は Exhibition
ページでご覧になれます。




予告

2017年ギャラリー啓企画展

”江戸を中心としたの大麻布 苧麻布展”
5月20日(土)―24日(水)
11時―18時
     




Welcome to Gallery KEI !

From ancient times, Japanese people have made threads and materials out of various trees and grasses, such as Wisteria, Elm, Linden, Kudzu, Paper Mulberry, Banana tree, Hemp and Ramie and wove textiles to cloth themselves and made daily tools. They are simple and yet greatly impress us today with their beauty and freshness.

Gallery Kei deals in these old folk crafts and pottery, far beyond the usual range of antiques, as well as antique bast-fiber textiles, usually called primitive textiles.
About Bast- Fibers click here

 

 

 Past Exhibition

Please click here

You can view many past exhibitions.

 

 

 

 

information

Gallery kei's exhibition on 2017

"Hemp and choma cloth in Edo period(19th century)"

20- 24  May 2017

11AM - 6PM


































































2月3日 知恩院 節分祭
Setsubun festival at Chioin temple
3 February































平安神宮 

















平安神宮 節分祭
Setsubun festival at Heianjingu shrine