ギャラリー啓のホームページへ!

日本人は古代から、籐・大麻・苧麻(チョマ)・しな・コウゾなどの草木の繊維から糸を作り、布を織って、身にまとったり生活用具として使ってきました。
それらは、テキスタイルアートとして現代人にも感動を与えるものです。


ギャラリー啓では、これら通称「自然布」と呼ばれている古布を中心に、同じ様な視点から、骨董・古美術の範疇に留まらず、人間の生活の中から生まれ、時代を経て尚かつ美しさと新しさを感じさせる古民具や焼きもの等を扱っております。



営業時間
11:30〜18:00
但し土曜日、日曜日は17:00に閉店することがあります
基本的に無休ですが臨時休業もありますので事前に確認していただくとありがたいです。


予告
8月31日12時半から開店いたします。






過去の展示会
 
展示風景は Exhibition
ページでご覧になれます。

Japanese Old Textiles
and
Folk art





オクそざっくり Okuso-zakkuri



 

 Past Exhibition

Please click here

You can view many past exhibitions.

     




Welcome to Gallery KEI !

From ancient times, Japanese people have made threads and materials out of various trees and grasses, such as Wisteria, Elm, Linden, Kudzu, Paper Mulberry, Banana tree, Hemp and Ramie and wove textiles to cloth themselves and made daily tools. They are simple and yet greatly impress us today with their beauty and freshness.

Gallery Kei deals in these old folk crafts and pottery, far beyond the usual range of antiques, as well as antique bast-fiber textiles, usually called primitive textiles.
About Bast- Fibers click here

 

 

 

 























































































お知らせ

奈良さらし

part 1
「布に秘められた技」
2016 7月23日―9月4日
奈良県立民俗博物館

part2
「まぼろしの布をもとめて」
2016 10月1日―12月12日
名勝依水園:寧楽美術館
















Information

"Nara sarashi"

Part 1
23 July -4 September 2016
Nara Prefectural Museum of Folklore
Yata-cho,Yamatokoriyama City,Nara Prefecture

Part 2
1st Octoberー12 December
 Neiraku Museum Isuien Garden























江戸時代の奈良晒の朱印 「南都曝平大工曲
この印がある布のみ晒す事を許され、京都、
大阪、堺において売買を許可された。



なら町年寄り」織り留めに黒印が押された